体を柔らかくしたいならストレッチが基本ですが、
どのタイミングで行うのが最も効果がありベストなのか?

そのあたりについてご紹介します。

ストレッチの基本はお風呂上がり

ストレッチといえばお風呂上がりが良いなんて良く聞きますが、
なぜお風呂上がりが良いのでしょうか?

おそらくほとんどの方が筋肉が温まり、柔軟性が増すからと思っていると思います。
答えは半分正解と言ったところです。

ではもう少し詳しく見ていきます。

まず、ストレッチはゆったりとした状態で行うのが基本です。
お風呂上がりは副交感神経が優位になり、体がリラックスした状態になっています。
そして、関節を包んでいる関節包や靭帯のコラーゲン繊維は
温められると緩くなる性質があります。

さらにお風呂上がりは血管が開き、血流の循環が良いので、
ストレッチ効果が高まります。

これらの理由からお風呂上がりにストレッチをするのが良いのです。

ストレッチで注意する点

ストレッチはリラックス状態で行うのが基本と言いましたが、
以下の状態の時はストレッチをしないようにして下さい。

・食後すぐ(消化活動の妨げになります。)
・飲酒後(アルコールを摂取すると感覚が鈍り限界を間違えてケガの恐れがあります。)
・体調が悪い時(無理をして悪化する可能性があります。)

ストレッチをする時は常にリラックス状態を心掛けましょう。