健康維持のためにウォーキングやランニングをはじめ様々な運動をしている人も多いと思いますが、実は運動をすると大量の悪玉活性酸素が発生してしまいます。

悪玉活性酸素とは強い酸化力を持つ物質で、呼吸の他にも様々な要因で体の中に発生します。悪玉活性酸素は細胞などを攻撃するので、細胞が傷つき病気や老化の原因となります。

では運動は体に悪いのか?ですが、悪いこともあるが良いこともあるのが正解です。



運動の仕方が重要

呼吸で体内に取り入れられた酸素の1~2%が悪玉活性酸素になります。
であれば、運動をすればするほど悪玉活性酸素が大量に発生する事になります。

悪玉活性酸素には呼吸以外にも発生する要因はいろいろあって、
酸欠状態の時に大量に酸素が供給されるなどのようにオンオフの差が激しい時にも悪玉活性酸素が発生してます。

運動に例えると、ウォーミングアップせずにいきなり激しい運動をしたり、
激しく運動をした後にクールダウンせずに運動を終えたりすると大量の悪玉活性酸素が発生します。

これを防ぐには運動前にはウォーミングアップ、運動後にはクールダウンをするようにしましょう。

サプリメントも有効

実はサプリメントでも簡単に悪玉活性酸素を除去することが出来ます。
それはハイドロゲンEXと言う水素サプリメントです。
とても人気があり、多くの方が健康維持のために飲んでいます。