自然派化粧品とは、天然成分を配合した化粧品のことをいいます。天然成分とは、植物成分や動物成分、そして鉱物成分を原料にして製造されたものをさします。

天然成分配合という意味には、すべて天然成分である場合と、少しでも天然成分が配合されている場合と、いくつも種類があります。自然派化粧品のよしあしは、天然成分が多いことになりますが、このあたりの点については、購入する人達が成分についての説明をよく読み、見極めることが必要なことになります。

また、オーガニック化粧品という種類についても覚えておくと役に立ちます。オーガニックとは、一定の基準をクリアした有機無農薬栽培のことをいいます。具体的には、化学合成農薬、化学肥料を使用しないこと、遺伝子組み換えでないこと、栽培地は3年以上化学薬品不使用であることなどです。オーガニック化粧品とは、無農薬有機栽培やオーガニックの植物原料を主な成分として製造されたものをいいます。

日本では化粧品に関しては、オーガニックの基準が明確にされていないため、海外での基準を参考にして製造されていることが多くなっています。具体的には、95%以上は天然原料を使用すること、植物原料の50%以上がオーガニックであること、遺伝子組み換えの原料が不使用であること、化学香料やアルコールを使用していないことなどです。

自然派化粧品とオーガニック化粧品の意味を理解しておくと、商品についての説明をよく読むようになり、身体によい化粧品えらびが出来るようになります。アクポレスの口コミ