肌の保湿をするために米肌か肌極のどちらかを使おうと考えている方が結構いるかと思われます。ただ、どちらもKOSEから発売されているのですが、どういう違いがあるのかについて知らない方が多いはずです。そこで、米肌と肌極は何が違うのか具体的にみていきます。両方ライスパワーNo.11が入っており保湿に効果がありますが、簡単に言うと肌極は乾燥肌に特化したもので、米肌は乾燥肌に加えてアンチエイジングの効果も期待できます。

それぞれのターゲットも異なっています。肌極は20代後半~30代前半になっているのに対して、米肌は30代後半以降の人をターゲットにしています。使用感は肌極はアルコールのニオイがちょっときつめです。米肌は発酵して作られているのでお酒のようなニオイがしますがそこまで気にならないと思われます。毛穴開きの改善は米肌の方が高いと言うことができます。

購入方法は肌極の方は大手スーパーの化粧品売り場やドラッグストアで販売されていますが、米肌はKOSEの通販サイトでしか購入できないので注意が必要です。価格も肌極が150mlで2800円なのに対して、米肌が120mlで5000円となっています。効果だけでなく、売っている場所や価格も異なっているので把握しておくべきです。米肌は高く設定されていますがその分効果が高いので、利用してみる価値は間違いなくあります。肌の状態を改善するためなので、多少の出費は許容するべきです。