-shared-img-thumb-ookawapin555_TP_V「今はまだ大丈夫だけど、将来的に薄毛になるのだろうか」と心配している方も多いと思います。

薄毛には遺伝的な要因もあるので家系を見ればたいていの場合は薄毛になるかどうかはある程度判断ができるのですが、やはりそれも確実ではないので、カラダから出ている薄毛信号を自分で注意深く見ておく必要があります。

薄毛信号は頭皮をチェックすべし!

髪は頭皮から生えているので、薄毛信号をキャッチするにはやはり頭皮をチェックするのが正解です。

一般的によく知られているのが頭皮の柔らかさですね。手の指の腹で頭皮をグッと持ち上げるように両手でつまんで、頭皮の動き具体をまずは調べてみましょう。

また、薄毛が進行しやすい頭頂部や前頭部の頭皮を指で押さえてみて、皮膚の固さをチェックするのも有効です。骨っぽい人はとくに注意が必要。柔らかさがあるかたは逆にハゲにくいと言えます。

他にも、薄毛信号は頭皮の色んな症状となって現れます。

  • 夜お風呂に入っても朝になるとすでに皮脂が大量に出ている
  • 頭皮が赤っぽい、炎症を起こしやすい
  • おでこの生え際の毛が伸びにくい
  • 頭皮が痒い
  • 頭皮に吹き出物やニキビが出来やすい

などなど、もしあなたがこれらのうち複数当てはまる項目があるならば、それは薄毛が水面下で進行し始めているのかもしれません。とくにAGAの場合20代など若い世代でも発症することも多々あります。若ハゲで悩む人口も年々増えていると言われているので、まだそんな歳じゃないからと油断せずに、しっかりと対策しておきましょう。