加齢臭の原因物質、ノネナールの発生には、生活習慣が大きなウェイトを占めています。加齢臭は、生活習慣病とも深くかかわっている、という専門家が多いことからも、日頃の生活を見直してみることが必要なことがよくわかります。加齢臭の原因となる、過酸化脂質を抑えるには、できるだけ体の酸化を防ぎ、活性酸素の増加を食い止める生活をすることです。

食生活の見直しは、加齢臭の原因を減らすだけでなく、健康な体を保ち、生活習慣病を防ぐためにも大切です。肉類や乳製品は動物性たんぱく質や脂肪が多いため、体を酸化させ、皮脂を詰まらせる原因にもなります。痛風に良くない食べ物?

これらを控え、抗酸化作用のある食品である、緑黄色野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。また、お酒やたばこ、香辛料は、加齢臭の原因、活性酸素の働きを活発にします。嗜好品はなるべく控え、できれば禁煙することです。

ストレスも大きな加齢臭の原因となります。ストレスがたまると、生理機能が低下し、皮脂の分泌過多や多汗を引き起こします。また、ストレスによって活性酸素が増加します。

運動不足も加齢臭の原因のひとつとなります。強すぎる運動は、活性酸素を増やしてしまいますので、適度な運動で健康を保ち、代謝を促進しながら、ストレスも発散してしまうと加齢臭予防に良いですね。