ニキビは毛穴から出る皮脂が詰まり、毛穴の頭を塞ぐと中でアクネ菌が増殖し、毛穴を中心に膿をつくり、周囲は炎症を起こし、中心が白く芯が出来ます。

ニキビが悪化すると、海の範囲が大きくなり、毛穴が大きくなり周辺の組織が破壊され、ニキビ跡ができると言われています。

無理にニキビをつぶすと細菌が侵入しやすくなり、さらに悪化する懸念が高まります。

ニキビが悪化した時はニキビ治療薬を使用しましょう。

既に、ニキビ跡が沈着してしまった場合は改善することが難しいですが、早期で対処すれば改善する可能性があります。

既にできているニキビ跡にはニキビ改善薬ではなく、その他の肌ケアにより肌のターンオーバーを促進すると良いでしょう。

ニキビ跡は皮膚表面にできた症状ですので、ターンオーバーが改善し、新たな皮膚が再生されるとニキビ跡となった古い皮膚が剥がれて新たな皮膚が表面に出ます。

まずは、ニキビ治療薬のロコイド軟膏などでしっかりとニキビを改善させ、その上で新陳代謝を高めるためのピーリング等の肌ケアを行いましょう。

ニキビ治療が行われていない上で肌ケアを行ってもニキビが悪化することがあります。

ニキビは体内から分泌されるため、食生活を改善し、ビタミンを豊富に摂ると改善につながるでしょう。