ニキビにもいろいろな種類があるため、ニキビ洗顔料を選ぶ際には十分注意しなければなりません。口コミの評判だけで選んでしまうと、なかなかニキビが治らなかったり、かえってニキビを悪化させてしまう場合さえあるからです。

それで、自分のニキビの種類をしっかり見極め、それに合わせたニキビ洗顔料を選ぶようにしましょう。選び方のポイントは、まずそれぞれのニキビの特徴を知ることです。

 
仮に、ニキビの初期段階とも言える白ニキビが出来ているとしましょう。この場合、余分な皮脂や角質などがつまった状態にあります。そのため、詰まった皮脂や角質を落とすピーリング作用のある成分が配合されたものを選ぶなら効果的です。そのような成分としては、グリコール酸やサリチル酸といったものがあります。

また、白ニキビが悪化して炎症を起こした状態の赤ニキビが出来ている場合、効果的なニキビ洗顔料の選び方のポイントとは何でしょうか。赤ニキビが出来ている原因は、アクネ菌の増殖にあります。そのため、炎症を抑えると同時に、痛みや赤みを抑える作用のある成分が配合されたニキビ洗顔料を選ぶことができるでしょう。例えば、アロエやハト麦といった成分には抗炎症作用があります。他にも、イオウにはアクネ菌を殺菌する効果があると言われています。

 

このように、正しい選び方のポイントを押さえて、自分のニキビの種類にあったニキビ洗顔料を選ぶようにするなら、気になるニキビを改善できるでしょう。>>>ノンエー石鹸