肌が乾燥する原因としては、さまざまなものが考えられます。生活習慣の乱れ、食生活なども原因になることもあります。そのほかにも、ストレスなどに関しても、肌の乾燥の原因になることもあるでしょう。

また、一日の体に付着した汚れ、汗を洗い流すために入るお風呂なども、乾燥肌の原因になることもあります。お風呂で体などを洗うことは、汚れなどを落とすことになり、肌を清潔に保つためには、それなりに重要なことといえるでしょう。ですが、あまり熱いお湯などを使って洗い流したりする場合、また、洗浄力の強いタイプ、肌に刺激が強いボディーソープなどを使ったりすると、皮脂なども落としすぎてしまい、肌が乾燥しやすい状態になりがちです。お湯などもある程度温度を下げ、ぬるま湯で洗い流すことも皮脂の落としすぎを防ぐことになるため、重要です。また、自分の肌質にあった、また肌にあまり負担とならないように、少し洗浄力の弱いタイプでも、肌にやさしいタイプのボディソープを使用することも、乾燥肌対策につながるでしょう。

それ以外にも、お風呂に入った後は、肌の乾燥が起こりやすい状態ともいえます。そのため、お風呂からあがったら、肌の保湿をすることが重要です。化粧品を組み合わせ、きちんとスキンケアをして肌荒れや肌の乾燥が起きないように、しっかりと肌に水分を与え、それをカバーするために保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぎ、きれいな肌を維持できるように日々、心がけていきましょう。

あと、半身浴も実は肌の乾燥を招き、おブス肌にじわじわなっていってる?こんなこともあるので、下記の記事は参考にしてみてくださいね。

参考記事 半身浴は肌に効果なし!逆に汚肌になる危険あり!?